「ポッタおじさんのブローチ」no.1~6

~2015年に制作した連続物語りシリーズ「ポッタおじさんのブローチ」のお話~


自身の作品スタイルとして、オリジナルの物語を考え、その話の中でお気に入り、もしくは印象に残ったワンシーンを作品に描いているのですが、初めて作品を繋げ連続作品として仕上げた一作品です。

物語りの内容も言葉に起こし、絵と文章でワンセットとなる初の試み。


内容は森に住むメガネ嫌いのウサギと、物知りで優しいおじさんのお話です。

2015年に制作して以来、自分以外誰に見せることもなく保管していた作品と内容を最近インスタグラムで発表してみました。

未発表の作品をSNSで発信するのはどうなのだろう?と疑問を抱えながら一ページずつアップしていきました。

知人からよせられるコメントがとても嬉しく、収穫も大きかったです。

プロの絵本作家として活躍してる友人もいて、貴重な意見を頂けました。

そんなSNS上でのやり取りをしている内に、ハッと!したこと。それは物語りの内容が続き、文章として確立している作品は、見てもらうことで初めて作品として成り立つのだと知りました。作品とはきっとそういう存在なのでしょうね。


インスタに物語りの内容が綴ってありますので、良かったら覗いてみて下さい(^^)

hiroko nemoto(@_hiroko_nemoto_) • Instagram写真と動画


日々増えてゆく作品を、何処でどのように発表してゆくか、今後の課題だと思います。

どこか素敵な展示スペースなどとご縁がありますように・・・。